ボイストレーニング

【ボイトレ独学の基本】上達する独学と上達しない独学の違いはここだ!

誰でも思い通りに歌うことができる!
サクセスボイスの岩谷翔です。

さて、今回は

「ボイトレを独学でやりたいけど何をしたらいいかわからない」

こういった疑問に答えます。

ボイトレを独学でやるための基本はコレ!

ボイトレを独学でやるにあたって、まず一番最初に押さえるべきポイントがあります。

それは

今、自分には何ができて何ができないか?

これを考えて、理解すること。

これがとっても大切です。

第1段階:まずは自分の「できない」を知りましょう。

例えば今のあなたがボイトレの練習曲があり、それを歌ってみました。

  • Aメロは歌える
  • Bメロはちょっとモタる
  • サビが高くて歌えない

このような状態だったとします。

この場合、言い換えると・・・

  • Bメロは速さについていけない
  • サビは高い声が出なくて歌えない

…という状態ですよね。

ここであなたは2つの「できないこと」が見えてきました。

この「自分ができないこと」が何なのか?ということを自分で理解することが大切であり、これがボイトレを独学でやっていくための第一段階になります。

第2段階:できないところを細かく分析していく

今回の例でいえば、まずBメロが早くて歌えないことがまず1つありますね。

では、この場合・・・

どこまでテンポを落とせば歌えるのか?を考えます。

はたして遅かったら歌えるのか?

というところが問題点になります。

ということは、仮に原曲のBPMが160だった場合、140なら歌えるのか?はたまた、120くらいまで落とさないと歌えないのか?

このようにテンポを徐々に落としていき、最終的に「このテンポまで落とせば歌える!」

・・・というところまで細かく分析する必要があります。

これによって1つめの「早くて歌えない」という問題が、自分が歌えるテンポの数字で明確にすることができます。

そして2つめの「高くて歌えない」という問題も同様です。

サビが高くて歌えないのであれば

キーをどこまで下げたら歌えるのか?を考えます。

はたしてキーを下げたら歌えるのか?

上記が問題点になりますね。

仮に原曲のキーがCで、半音下げたら歌えるのか?1音下げるのか、はたまた2音下げないと歌えないのか?

このように、自分が歌えるキーを分析することができます。

これによって、2つめの「高くて歌えない」という問題によって、自分の高い声の限界のキーを知ることができます。

 第3段階:できないところを克服していく

ここまでで、

  • 自分が「できないこと」は何か?
  • それが「どの程度できないのか」?

が明確にわかってきました。

では、それらをどうやって克服していくのか?

ここで初めて、ボイトレを独学でやるにあたっての具体的な対策が見えてきます。

まずあなたに知っておいて欲しいことがあります。

それは、ボイトレ=身体の楽器化を目指すものということです。

また、ボイトレとは別にもう1つ「ヴォーカルトレーニング」というものがあります。
こちらは歌い方、楽器でいうところの「演奏方法(表現方法)」をトレーニングするものに当たります。

今回の例でいくと

  • 早くて歌えない
    (例:テンポ120なら歌えるが、160では歌えない)
  • 高くて歌えない
    (例:キー1音下げなら歌えるが、原曲キーでは歌えない)

これは歌い方というよりは、ボイストレーニングの領域に入ります。

なぜかというと、楽器として考えたとき「楽器を思い通りに操作できていない状態」を指すからです。

ボイトレの課題を解決するための方法

ボイストレーニングの問題は、何をどう練習していけば解決するのか?

解決のポイントは4つあります。

  1. 呼吸
  2. 声帯操作
  3. 共鳴
  4. 子音

これは発声のプロセスにあたる要素です。

発声のプロセスはこの4つしかありませんから、あなたの問題もこの4つの中のどれかが原因となっているはずです。(もちろん原因が複数の場合もあります)

1つ1つの部位をチェックし、あなたに足りない部分を練習で強化していくことが、あなたの「できない」の解決に繋がります。

具体的には・・・

「高くて歌えない」という問題に対してなら

・呼吸はブレていないか?
・声帯でミドルの操作ができているか?
・鼻腔、口腔、咽頭など各共鳴ができているか?

など

「速くて歌えない」という問題に対してなら

・呼吸で息継ぎが間に合っているか?
・子音がテンポについていけているか?

など

こうしたことをチェックしていくといいでしょう。
(チェックポイントはこれ以外にもたくさんあります)

このように、あなたの「できない」原因を、すべてこの4つの観点で探っていくことが重要です。

8割以上の人は呼吸に問題を抱えている

歌を歌うためにもっとも重要なのは「呼吸」です。

呼吸が真っ直ぐに吐けていないと
他がどんなに良くても声が揺れてしまい、不安定な歌になってしまいます。

実は、声の悩みを持っている方の8割以上は呼吸に問題を抱えています。
だから呼吸を改善するだけでも、かなり声が自由に扱えるようになるはずです。

呼吸に関しては、「サクセスボイスブートキャンプ」という通信講座の無料体験コースでも詳しく解説しています。
分かりやすく動画でまとめていますので、今すぐこちらから登録して、詳しく学んでみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ボイトレを独学でやるためには、やみくもに歌い続けてばかりではいけません。

復習になりますが

  • 問題を知って
  • 問題を細かく分析して
  • それぞれの解決法を見つける

この順序で、今のあなたに合った練習方法を見つけ、トレーニングしていきましょう。

そして、あなたの問題がボイストレーニングに関することなのであれば、
その問題が「呼吸」「声帯」「共鳴」「子音」のどこにあるのかを見極めて、最適なトレーニングをしていってください。

独学のサポートになる無料体験版があります!

サクセスボイスが作り上げた通信講座「サクセスボイスブートキャンプ」は、僕が10年間培ってきた科学的ボイストレーニングの全てが教室に通わなくても学べる通信講座です。

こちらの無料体験コースがありますので、
ぜひ、独学でボイトレをはじめたいあなたのサポートになればうれしいです。

本気で学んでいきたいなら、非常に有益だと思います。

ぜひ、興味があればこちらから受講してみてくださいね!

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。
Let’s Training!

ABOUT ME
岩谷翔
岩谷翔
サクセスボイス代表。 日本で唯一の基礎トレーニングと整体を組み合わせた発声の根本改善メソッドを持つ科学的発声研究者。 50名以上の歌唱指導を受けてきたにもかかわらず、声帯を壊し、『二度と歌えない』と言われた状態から科学的アプローチに出会い、奇跡的な回復を見せる。 その自身の経験から既存の発声理論を科学的な観点で再検証。サクセスボイスメソッドを体系化する。 その指導技術はシンガーのみならず、声優、俳優、アナウンサーやセミナートレーナー。医師に至るまで声を扱う様々な業界から高い評価を得ている。 「10分間でミックスボイスを習得させる」「3分で50名の発声改善を同時に行う」など、常識を超えた速度で思い通りの声まで導く指導技術は『魔法』と呼ばれている。