ボイストレーニング

【簡単!】自分の声の高さ・低さ・音階を把握する方法

誰でも思い通りに歌うことができる!
サクセスボイスの岩谷翔です。

この記事ではボイトレの基礎中の基礎を解説します!

「音楽を真剣に始めてみたい!」

「実際ボイトレとか気になるけど‥どんな感じなの?」

こういった悩みを解決します。

✔この記事を読んで得られるポイント

声の音域、そしてどのくらいあなたは声が出せるのかについて
ピアノや音域チェック動画以上に正確に声の状態を即調べる方法がわかります!

よくあるボイトレ初心者が悩むポイント


あなたも経験があると思いますが、
よくYoutubeのボイトレ動画を見ていると

「この曲の最高音はA4です!」とか

「すごい!hiEまでこの歌手は出ている」

・・・って楽曲解説されていること、多くないですか?

そもそもの話「A4って何なん?」って思いません?

これ、特にボイトレ初心者の人が困るポイントなんです。

で・・・
実際調べてみると色々めんどくさい感じのことが書いてて、
この音域ってのはイマイチよくわからない。
音域とか、声域とか、mid2Gとか、A4とか、好きなん?嫌いなん?どっちなん?

・・・となるわけです。

ちなみに僕は最初地元のボイトレ受けた時に、
今回の議題である音域の話でめちゃくちゃこんがらがりました。

先生にレッスンで「A4が出ているね!」って言われるわけですよ。

「あぁ、なんとなくそういう音があるんだな」

・・・って思ってて。
で、次レッスンに行くと

「この前出てたhiAが甘くなってるね!」

・・・とか言われる。

さらに、

「じゃあ、mid2Eから声出ししましょう」

・・・とか言われる。

もう、、すごくモヤっとするわけです。

日本語で話して欲しい。笑

でも、みんな当たり前のように言ってくるから恥ずかしくて聞くに聞けない。

こんな経験がありました。

音階はわかってしまえば超簡単!


さて、この音階ですけど、
分かってしまえば実はすごく簡単なんですよ。

これを理解しておくと

  • 自分の歌いやすい曲が見つけやすくなる。
  • カラオケに行ったとき、自分にちょうどいいキーが分かる。

こんなステキな未来が待っています。

さっそく音域について解説します。

例えば、さっき出てきたA4ってのはドレミでいうとラのことです。

実は英語でドレミファソラシドのことをCDEFGABCという風にいうんです。

なぜ??

・・・って思ったかもしれませんが、
そういうもんなので覚えてください。笑

で、AってのはCDEFGAという6番目の音なんで、
ドレミでいうとドレミファソラとなり「ラ」だと分かるんですね。

だから・・・

「この曲の最高音はA4です!」

と言われたら

「あ、ラのことね」

と思えばいいワケです。

「4」って何?「hi」って何?
まずは数字の方から解説!

この「4」とか「hi」っていうのは、
その音が何オクターブ目の音なのかということを表します。

で、最初に言っておくと、A4とhiAは同じ音です。

これもあとで解説するんですけど、
まず数字の方が分かりやすいんでそこからご説明しましょう。

A4っていうのは簡単な話、
ピアノで「下から4オクターブ目のラの音」という意味です。

オクターブってのはドレミファソラシドっていう一回りが1オクターブといいます。

そのもう一つ上のドレミファソラシドとなると2オクターブ
・・・という感じで高さが変わってきます。

で、ピアノ基準で4オクターブ目のラの音がA4と表記されるわけです。
めっちゃ分かりやすいですよね!

つまり、ピアノの一番端の音がA0というんです。
そこから次のラがA1、A2、A3、A4という風になっていきます。

で、ここで注意点があります。


よく新人歌手の紹介で

「3オクターブの歌声の持ち主!」

…なんて言われることって多いんですが、
これは今回話している音域とはまた別の話です。

音域声域というモノがありまして、詳しくは以下のとおり。

  • 音域は、その音がどのくらいの高さなのかということ。
  • 声域は、どのくらい出せる声の高さに幅があるのか?ということ。

 

例えば僕の声域を調べると、
地声の最低音がE2〜G4まであります。
そこから裏声になると、~A5までは体調が悪くても出ます。

よって、一応3オクターブ以上の声域を持っているシンガーということになります。

hiAという音域表記を解説します!


さて!

残されるのが「hiA」というよくわからない音域表記の問題ですね。

(高音厨テストっていうニコニコ動画の曲があるんですけど、
その中で出てくるhiA~~~とかっていう歌詞がでてくるんですけど、これがそうです。)

理解すれば決して難しくないです。
実はこれ音域の別の読み方で、基本的には音域の読み方と一緒です。

まずhiAというのは、先ほども言った通りA4です。
ピアノで見た4オクターブ目のラのことです。

で、「hihiA」とかって表記されるとこれが「A5」
つまり「5オクターブ目のラ」のことになります。

つまり「hihihiA」は「A6」、6オクターブ目のラです。
つまり、hihihihiAは・・・って、もういいですね。笑
そういうことです。

  • 「hi」が1コつくと「4オクターブ目」を指します。
  • で、そこから「hi」が1コずつ増えるごとに1オクターブずつ上‥を指します。

じゃあ、「hiA」以下はどういう表記か?


hiA以下の表記はどうなるのか?というと・・・

まずA3はmid2Aという表記になります。

「・・・ん?ちょっと難しくなる??」

そしてA2はmid1Aといいます。

そう、数字が下がるワケです。
A3←この数字−1の数字がmidのあとにつくワケですね!

じゃあ、A1は?
mid0になるの??

・・・というと、そういうわけではなく、
LowA」と表記されます。

はい、この辺から分からなくなります。笑

そして、それより更に下のラはLowLowAと言われます。

実際僕もあんまり使わない表現です。分からない人が多いので。
というのも、
この表記はちょっとめんどくさいのが、Aを起点として表記が変わってくるんですよ。

具体的にいうと・・・

hiAのラの1つ下のソ、
つまりG4の表記はmid2Gになります。

うおおおおこんがらがる!!

なんでこんなにめんどくさいねん!

・・・となるわけですが、これには理由があるんです。

最初に話したとおり、
ピアノって一番下の音がラで始まるわけです。
で、これは数字表記でA0といいます。

歴史的なことをいうと、音楽ってAから始まるのが基本の考え方なんです。
だからオーケストラの調整もみんなAでやるわけです。

だから英語のドレミファソラシドもラがAなんですよ。

思いませんか?

「なんでCからやねん!」

って。

「ABCDEFGAにしろよ!」

って思いません?

違うんですよ。
「ラ」が全ての音楽の起点にあるので「ラ」が「A」なんです。

(まあ、この辺を話してくと
実はカラオケ採点のピッチって正確なピッチではないので気にしなくていいよ!
…とか、そういうマニアックな話になってしまうのでこの辺にしときましょう。)

で、この影響で音域もAから数えていくのが音楽的には正しいんじゃないかという派閥と、
いやいやA4とかの方が分かりやすいやんという派閥との中で揺れ動いて、
色んな表記が混在しているのが今の現状です。

ここまでが音域と声域の話です。

自分の限界キーを正確に調べる方法


さて、ここからは自分の限界キーを正確に調べる方法をお伝えしていきます。

正直ピアノとか他の音域チェック動画で調べる方法よりもめっちゃ簡単で正確に図れる方法があります。

というのも、
結構ピッチって初心者の人が動画だけで調べていくと、
ズレているのに勘違いしてしまう可能性高いんですね。
だから、是非今から紹介する方法で自分の音域を調べてみて下さい。

Vocal Pitch Monitorというスマホアプリで簡単に調べられます!

これはスマホのアプリを使った方法なんですけど、
「Vocal Pitch Monitor」という、もう直接的な名前のアプリがあるんです。

ヴォーカル・ピッチ・モニターですよ?

以前は日本語表記で「音程ピッチモニター」ってなっていました。

なんて直接的!!

・・・で、これ、Androidは無料。
iphoneで100円ぐらいのアプリなんですけど。

このアプリの凄いところが、
自分が出している音を一発で調べてくれるんですよ。

声を出したら即、

「お前の音これやでー」って調べてくれます。

使い方も超簡単!

アプリを起動して、
マイク設定をONにして、
「あ~」という風に自分が出せる限界の声を出してみて下さい。

そしたらすぐ音域名が出る。

めっちゃ便利でしょ?!

で・・・僕こういう歌の補助アプリは色々調べたけど、このアプリが僕の中では最強です。

なぜかというと、

  • 他のアプリよりレスポンスが全然違う。
  • 機械が判定しずらいダミ声とかでもしっかり音程を認識します。

マジで超オススメです。

(ここまで話すと、
Vocal Pitch Monitorの回し者みたいに僕がなっていますが、一切お金もらってないんでそこだけは勘違いしないで。笑
純粋にこのアプリは本当にオススメなんで、ぜひ使ってみて下さい。)

せっかくなので宣伝させてください。

ちなみに宣伝としては・・・

僕が作ったボイトレ通信講座サクセスボイスブートキャンプの中で、
このアプリを使った声を安定させる門外不出のトレーニング手法があります!

もしあなたが

  • 本当に歌を特技にしたい!
  • 人を歌で感動させたい!

という方はぜひそちらもチェックしてみて下さい。
無料体験版もありますので、ぜひチェックしてみてください!

無料体験はこちら

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございました!

いかがだったでしょうか?

音域と声域の違い。

A4のような数字表記とhiAのような文字表記の違いも分かったでしょうか?
もし分からない場合は何度もこの記事を読み返してくれれば、
より理解が深まると思います。

ではでは!
Let’s Training!

ABOUT ME
岩谷翔
岩谷翔
サクセスボイス代表。
日本で唯一の基礎トレーニングと整体を組み合わせた発声の根本改善メソッドを持つ科学的発声研究者。

50名以上の歌唱指導を受けてきたにもかかわらず、声帯を壊し、『二度と歌えない』と言われた状態から科学的アプローチに出会い、奇跡的な回復を見せる。

その自身の経験から既存の発声理論を科学的な観点で再検証。サクセスボイスメソッドを体系化する。
その指導技術はシンガーのみならず、声優、俳優、アナウンサーやセミナートレーナー。医師に至るまで声を扱う様々な業界から高い評価を得ている。

「10分間でミックスボイスを習得させる」「3分で50名の発声改善を同時に行う」など、常識を超えた速度で思い通りの声まで導く指導技術は『魔法』と呼ばれている。