ボイストレーニング

【今すぐ出せる!】ホイッスルボイスのやり方と必須トレーニングポイント

誰でも思い通りに歌うことができる!
サクセスボイスの岩谷翔です。

今回は「ホイッスルボイスの出し方」を解説します。

「MISIAみたいな超高音が出してみたい!」

「色んなサイトやYouTubeで見てみたけど、習得できない…」

こういった悩みを解決します。

本記事を読んで得られること
  • ホイッスルボイスの出し方がわかる
  • ホイッスルボイスの仕組みがわかる
  • ホイッスルボイスを安定して出す方法がわかる
  • 音を高くすることができる

ホイッスルボイス、正確には「ボイス」ではありません。

ホイッスルボイス。

「ボイス」と呼ばれているものの、正確にはボイスではありません。

どちらかというと「口笛」に近いんです。

つまり声帯で口笛を吹いている状態というのがホイッスルボイスになるんです。
なので、ネーミングに「ホイッスル」という言葉が使われているんですね。

ホイッスルボイスは出やすい人と出にくい人がいます。

これは声帯の形や長さの関係でどうしても分かれてしまいます。

なので、無意識のうちにホイッスルボイスが出せてしまう人もいるんです。

(ちなみに僕、岩谷は出にくいタイプです。笑)

これからホイッスルボイスの出し方を解説していきます。
後述していく中で「ホイッスルが鳴るポイント」というものがあります。

ここでホイッスルがちゃんと出た方は
ホイッスルボイスが出せるタイプだと思ってもらって大丈夫です!

 

ホイッスルボイスの習得方法:口笛と同じように習得すれば簡単!

さて、そんなホイッスルボイスですが習得方法はいたってシンプルです。

口笛と同じように習得していけばOKです。

口笛は息を吐いて、だんだん口をすぼめると「ピュ〜♪」と鳴るポイントがありますよね?

仕組みはコレと全く同じで、
声帯もホイッスルが鳴るポイントがあるんです。
そのポイントをつかめば、あなたもホイッスルボイスを習得することが可能です。

 

ホイッスルボイスに欠かせない三段階の声帯の操作

ホイッスルボイスを出せるようにするためにはいくつか大事なポイントがあります。

その1つが「三段階の声帯の操作」が必要になってきます。

①声帯を閉める感覚を持つ

当たり前ですが、日常では
「今、声帯閉まってるなぁ」とか
「今声帯開いているなぁ」…なんて意識しません。

ですので、まずは声帯を閉める感覚というものを掴んでいきます。

じゃあどうやるのか?

その方法は・・・
まずは簡単な「声帯が開いている」ところから。

【声帯が開いている感覚を掴む方法】

タメ息を吐きます。

・・・はい、これだけです。
誰でもできます。
このタメ息が声帯が開いている状態です。

じゃあ、
このタメ息を出している状態から声帯が閉じていくまでの感覚を掴んでいくことが大切です。

そのやり方がこちら。

【声帯が閉じていく感覚を掴む方法】

タメ息を声帯でせき止めます。

この、「タメ息を塞き止めた時が声帯が閉じている状態」になります。

もしあなたがタメ息を止めるのが難しい!という場合は、
タメ息を吐いている途中で声を出してみましょう。

「ハァ〜〜〜…アッ」

この「アッ」のところが声を出した状態ですね。

これをやっているとわかりますが、音が鳴る、震えるポイントがあるんです。
ここが声帯が閉まっているポイントになります。

これを徐々に音が鳴らないようにしていければ、成功です!

②声帯をゆっくり閉めていく感覚を持つ

先ほど、
タメ息を吐いている途中で塞き止めましたよね?

今度は、いきなり塞き止めるのではなく
ゆっくり止めていきます。

「ハァ〜〜〜…・・ッ」

文字ですと表現が難しいですが、こんなイメージです。

③ホイッスルが鳴るポイントを探す

タメ息を吐きながら徐々に息を止めようとしていくと
あるポイントで高い声が出てしまうところがあります。

そこです!

これがホイッスルの状態になります。

このホイッスルの状態をコントロールして出していくことができれば、
ホイッスルボイスはとても簡単に出すことができるんですね。

ホイッスルを安定させる方法

まず、先ほどお伝えしたやり方でホイッスルが出ました。

そしたら今度は、
そのホイッスルをキープさせる必要があります。

【ホイッスルを安定させるための方法その1】

ホイッスルを5秒間キープします。

途中で途切れてもいいので、
まずは5秒間キープしてみましょう!

このポジションを長くキープできることが重要になってきます。

【動画】ここまでのホイッスルボイスの解説を動画で学びましょう!

いかがだったでしょうか?
ここまでのホイッスルボイスの基礎を動画でも解説しています。
記事を読んだ上で動画を視聴していただけたら
より理解が深まると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

↓↓

冒頭の方でもお伝えしましたが、
この段階でホイッスルを鳴らすことができていれば
あとはキープ力の問題です。

逆に、このキープが難しくて
ホイッスルボイスを安定させられない人のほうが多いんじゃないでしょうか。

では次は、そんなキープができない人の原因を解説します。

ホイッスルがなかなかキープできない人の原因

もしかしたらあなたも

「ホイッスル出せるに出せたけどキープが難しい…!」

こういった悩みをもったかもしれません。

このようにキープが難しい人の場合
いくつか問題点があるんです。

それを1つ1つ解説していきますね。

問題点① 声帯閉鎖がしっかりできていない

ホイッスルの出し方としてタメ息を吐いて止める、という方法をお伝えしました。

このときに中途半端に開いてしまったり
逆に閉めすぎてしまったりしています。

声帯がしっかり閉じれているかをチェックしてみましょう。

問題点② ホイッスルが鳴るポイントが中途半端

どういうことかというと、
ホイッスルが鳴っているには鳴っている。

けど、かすれていたりして、しっかり鳴っていない場合がコレです。

これはシンプルに、ホイッスルが鳴るポイントに入れていないんです。

ですので、しっかりホイッスルが鳴るポイントを探し当ててみましょう。

問題点③ 呼吸が安定していない

実はこれが一番大きいです。

この場合、声帯の閉鎖以前に声を出すための土台が安定していません。

ですので、もしあなたがこの問題だった場合、
現状では声帯のトレーニングをやるべきではありません。

声帯の前に呼吸を整えていきましょう。

呼吸のトレーニングに関してはサクセスボイスの通信講座で詳しく解説しています。
無料体験コースもご用意しておりますので
興味がある方はぜひ受講してみてくださいね。

無料体験コースの受講はこちらから

 

さて・・・!

以上の問題点をつぶすことができたら、
次のステップに続くことができます!

ホイッスルボイスを高くする方法

ホイッスルボイスを高くするためにはどうすればいいか?

それは声帯を伸ばす必要があります。

声帯には

  1. 開く
  2. 閉じる
  3. 伸ばす

という3つの動きがあります。

この「伸ばし」の感覚をつかんでいくと、より高くすることが可能です。

声帯を伸ばす方法:エッジベンド

声帯を伸ばす動きをつかむためにはエッジベンドが有効です。

エッジベンドとは、エッジボイスの応用になります。

もし、あなたがエッジボイスを知らない場合は
「ミックスボイスができない理由と安定させるコツ」という記事で解説していますので合わせて読んでみてくださいね。

このエッジベンド。

どういうものかというと
エッジボイスの音を高くしていくんですね。

エッジボイスから徐々に音程を上げていくと、
あるポイントでホイッスルにつなげることができるんですね。

ただ、これはホイッスルのポイントが掴めていた上でやるトレーニングになります。

無音でエッジベンドをやると超効果的!

このトレーニングですが、
「無音」でやると、より声帯の操作がうまくなっていきます。

ここまでできたら、
ホイッスルボイスはできたも同然です!

【動画】ホイッスルボイスの安定と高くする方法を動画でも学びましょう!

1つめの動画と同じく、
ホイッスルボイスを安定させる方法と
より高音にする方法が動画で解説していますので、
ぜひチェックしてみてくださいね!

↓↓

まとめ

いかがだったでしょうか?

ホイッスルボイスの仕組みから理解できたと思います。

ここまでお伝えした内容というのは
身体の仕組みから解説しています。

つまり、誰かのやり方をそのまんま解説…といったものではなく
身体(主に声)の構造からホイッスルの鳴る仕組みを解説しているので
どんな人にでもトレーニングが可能なわけです。

このように、他人がやっている方法ではなく
自分に合った方法でトレーニングしていかないと
上達するのは難しいのです。

また、僕が10年間培ってきた科学的ボイストレーニングの全てが
教室に通わなくても学べる通信講座もあります。

無料体験コースもご用意しておりますので、
興味があればこちらからどうぞ!

ではでは!
Let’s Training!

ABOUT ME
岩谷翔
岩谷翔
サクセスボイス代表。 日本で唯一の基礎トレーニングと整体を組み合わせた発声の根本改善メソッドを持つ科学的発声研究者。 50名以上の歌唱指導を受けてきたにもかかわらず、声帯を壊し、『二度と歌えない』と言われた状態から科学的アプローチに出会い、奇跡的な回復を見せる。 その自身の経験から既存の発声理論を科学的な観点で再検証。サクセスボイスメソッドを体系化する。 その指導技術はシンガーのみならず、声優、俳優、アナウンサーやセミナートレーナー。医師に至るまで声を扱う様々な業界から高い評価を得ている。 「10分間でミックスボイスを習得させる」「3分で50名の発声改善を同時に行う」など、常識を超えた速度で思い通りの声まで導く指導技術は『魔法』と呼ばれている。