ボイストレーニング

ミドルボイスを習得できない人に読んでほしい本当の習得方法

今回は高い声で歌うために必須のテクニック、
ミドルボイスの習得方法について他の記事とは違う観点で解説します。

なぜこの記事を書こうと思ったかというと、
ミドルボイスについては色んな人がやり方を発信しています。

そして・・・

そのほとんどはその人自身が実際にできるようになったまでのプロセスを開示しているので、正直な話全部正しいんです。

ただ、ここに問題があるんです。

全部正しいからと言ってもあなたにとっての正解とは限りません。
なぜなら、声帯というのは人によってタイプが違うので、自分の声帯に合ったやり方とトレーニングをしないといけないんです。

そういうことを知らずに色んな動画を漁って練習して、
それで何年も苦しんでいる人って実際めちゃくちゃ多いです。

ですので・・・!

今回はあなたにとってのミドルボイスの正解の見つけ方がわかるような内容を書いていきます。

この記事を読んで得られること

・あなたの発声の課題がわかる。
・何をトレーニングすればいいかがわかる

※YouTubeでも同じ内容を解説していますので合わせて見てくれるとうれしいです

↓↓↓

そもそもミドルボイスとは何か?


歌声には原則、3種類あります。

地声・裏声・そしてミドルです。

ミドルの印象は地声と裏声のちょうど中間のような声になります。

ここまでは、少し勉強していると知っている人も多いと思います。
しかし、そもそもの地声と裏声とミドルの明確な違いについて科学的に語られている事がないのでちょっと補足しますと・・・

地声、裏声、ミドルボイスが違う仕組みとは?

それぞれの声の違いは簡単にいうと、
声帯の開き方によって決まります。

声帯は開いたり閉じたりできます。

・地声とは、声帯を締めた状態での発声
・裏声とは、声帯を開いた状態での発声です。

簡単に言うと、
ため息をした状態で声を出すと声帯が開くので裏声が出ます。
そこから通常の声で喋ろうとすると、声帯が締まる感じがして、地声が出ます。

ミドルボイスとは、声帯を半開き状態にして、しっかりと息を吐くことでその状態をキープして歌う技術です。

ですので最も重要な話をすると、
ミドルボイスにとって一番大切なのは
声帯を閉鎖することでも呼吸を強くすることでもなくて、
状態をキープすることです。

じゃあ、どうやったらキープできるのか?

これをこの記事で解説していきます。

よくある間違い①:ムダに歌いこんでもダメ。

ただ、ここで勘違いしないでほしいのが、

「よし、じゃあそのために歌い込みだ!」

と、歌い続けて鍛えようとする人多いんですが、これは間違いです。
なぜなら・・・
間違った発声で歌い続けても高い声が出ることはないのです。

これ、肝に銘じといてください。

例えていうなら、こういうことです。

スポーツで球がまっすぐ投げれないのに、
ひたすらそのまま投げ続ける
・・・なんてことしないじゃないですか?

 

しませんよね??

なぜ球がまっすぐじゃないのか考えます。

そして分析します。

そして改善します。

で、原因が「ボールが凹んでてまっすぐ飛ばなくなってた」
ってこともありえます。

じゃあ、ボール交換しましょうってなるじゃないですか?
んで、そのとたんにまっすぐ球が走るようになるワケ。

これとまったく一緒なんですよ。

よくある間違い2:いろんな方法を試しまくる。

ミドルボイスも同じで、
シンプルなトレーニングに絞って練習することで効率的に習得できます。

だから、めちゃくちゃ歌いこんだり、色んな方法を試しまくるのって練習としては逆効果なんで止めてください。

もし本気で最速でミドルの習得を狙いたい人は、
この記事を最後まで読むまで、効果のよくわからないボイトレを試しまくるのは中止することをオススメします。

それぐらいちゃんとした内容を解説していくので、最後までお付き合いくださいね!

効果的にミドルボイスを習得する方法:
声帯のタイプを知る!


・・・ということで!

効率的にミドルボイスを習得するために何をすればいいかというと、
まず自分の声帯のタイプを知ることから始めましょう。

冒頭にも書きましたが、
人の声帯には生まれつきのタイプがあります。
自分のタイプを認識することで、
そもそものトレーニングプランが変わってきます。

ぜひまずは自分の声帯のタイプを見つけましょう。

声帯のタイプは男女ともに4タイプあります。

それは以下の通り。

1 Long-Fatタイプ
2 Short-Fatタイプ
3 Long-thinタイプ
4 Short-thinタイプ

ひとつずつ解説します。

Long-Fatタイプの声帯は、声が太く低音が魅力的。

歌手で言うと、サザンの桑田佳祐さんや米津玄師さん、
女性シンガーだとUruさんやAIさんなんかが特徴的です。

高い声を出すには苦手な部類の声帯ではありますが、出ないわけではないです。
例えばQueenのフレディマーキュリーもこのタイプだったのではと言われています。
クラシックだとバリトンやアルトと呼ばれることが多いタイプです。

Short-Fatタイプの声帯は、声は太くかつ高音が出やすいタイプ。

かなり羨ましいタイプです。

代表的な方だとONE OK ROCKのTAKAさんやB’zの稲葉さん、ドリカムの吉田美和さんやSuperFlyの越智さんなんかは特徴的な周波数が出ています。

ロックやメタルを歌うのに最適な声質ですが、ミュージカルでも花形の声質ですが、逆に繊細な歌い方をするには訓練が必要です。
クラシックだと、テノールやソプラノと言われることが多いです。

Long-thinタイプの声帯は、繊細な声質の方が多いです。

高い音は苦手ですが、雰囲気作りが上手く技術を身につけると鳥肌物になったりします。
代表的な声質としては、男性だと平井堅さんやATSUSHIさん、宇多田ヒカルさんや中島美嘉さんなどが分かりやすいです。
表情をつけやすい声なので、声優さんにも多いタイプです。
その代わり、高音では負担が大きく傷めやすいので運用には要注意な声質です。
ちなみに僕もこのタイプです。

Short-thinタイプは高音でドヤ顔できます。笑

いくらでも高音が出せるタイプで、音域で苦労するという事はないタイプです。
その代わり、そもそもの声質が弱いのでメインで歌う場合は歌い方やコーラスで補強する場面が多いです。

代表的な歌手の方はまふまふさんやゆずの岩沢さん、女性だとmiwaさんやYOASOBIのikuraさんなんかもそうです。
面白い話だと、MY FIRST STORYのHiroさんはこのタイプです。
お兄さんのTakaさんがLong-thinタイプですので、兄弟でも声帯のタイプが違うことがあります。

以上の4タイプそれぞれ、得意な音域とそうでない音域があります。

ですので、自分と違うタイプの人の練習方法をしても、そもそもの前提が違い過ぎるので効果が出ない場合がほとんどなんです。

例えば高音が出やすいShort-thinタイプの人が高音練習として一番いうのが「歌ってたら勝手に出た」というのがあるんですが、そもそも高い声が出やすいタイプなので、それを高い声が出にくいLong-Fatタイプの人がやってもダメなんですよ。

あなたの声がどのタイプか判別する方法


ここでは一番簡単な機材を使わない簡易的な方法をお伝えしておきます。
その方法とは非常に簡単で、自分が好きな声質を思い浮かべてみて下さい。
曲が好きとかじゃなく、音としてその声が好きというものです。
その声があなたの声のタイプです。

(正確に見極めるのであれば周波数のデータから見極めないといけないのです。
かなり長くなるためここでは全て話せないので、しっかり知りたい方は僕の通信講座の方をご覧ください。)

 

実はこれは脳科学でして、人は自分と近い声質を好きになります。
ですので、好きな声には必ずなれるようになっています。
なれる要素があるから好きになるので。

逆に言うと、自分がなれない声を人は避けます。
皆が「この声良い」と言ってても、好きになれない声ってあるじゃないですか?
あれは本能的になれない声なので、避けようとしています。

だからたまに「声がきもい」って馬鹿にしてくる酷い人とかいますけど、
そういう時は「あぁ、この人と自分は声帯のタイプが違うんだな」と思えばいいです。
心無い言葉を言われても冷静に自分の上手くなる方法を実行してもらえればOKです。

 

高い声で悩む人の弱点は2つだけ。


では、あなたのタイプが分かったところで次の話に行きましょう。
次は声の基礎的な能力がちゃんと使えているかをテストしましょう。

これは理論はすっ飛ばしてドンピシャであなたの声の弱点を見つけていきます。
正直な話、タイプが分かれば後は使えていない部分を判別するだけです。

高い声で悩む人の弱点は2つしかありません。
呼吸か声帯かです。

あなたの呼吸と声帯をテストする方法

あなたの呼吸と声帯がどんな具合かをテストする方法をご紹介しますので実際にやってみて下さい。
これらがどちらも出来ていれば、ミドルボイスはほとんど出せますし、
出来ない場合は呼吸か声帯かその両方が足らないという事が分かります。

①呼吸のテスト

呼吸のテストは非常に簡単です。
30秒まっすぐ呼吸が吐けるか?です。

では実際にやってみよう!

 

・・・

 

・・・

 

いかがでしょうか?
ちょっとでもブレたりしてはいけません。
しっかりまっすぐ30秒このロングブレスをキープしてみて下さい。

出来ないという方は、
通信講座の無料体験版の中で公開している呼吸の内容を見てみて下さい。
より詳しく解説しています。
体験版はこちらからご登録ください。

②声帯のテスト

では続いて声帯をテストしてみましょう!
こちらもキープが大切です。

声帯が半開きの状態を意図的に作って、それを維持してみましょう。
いわゆるホイッスルキープというテストです。

ポイントは以下。

・ため息を吐いて声帯を開いてから、「ハッ」という具合に声帯を締めます。
・その時に「キュッ」と声帯が鳴る箇所があります。

これがいわゆるミドルボイスのポイントです。

これを10秒間キープできるか試してみてください。

まずは溜息を吐いて、そこから「ハッ」

・・・

 

・・・

 

いかがでしたか?
音が鳴らなかったり、途中で途切れてしまった場合は声帯が弱点です。

 

以上の2点ですが、声帯の各タイプ関係なく、誰でも出来る動作です。
まずはタイプを知って、自分の特性を理解したうえで弱点を把握してみて下さい。

例えば4タイプの中で1番高音が出にくいと言われているLong-Fatタイプの方で呼吸が出来ない方の場合、声帯もやりにくい方が多いです。
この場合は呼吸を見直してから声帯のトレーニングに移ると良いでしょう。

高音が出やすいShort-thinタイプなのに高音が出せず、呼吸は出来ていて声帯のテストがクリアできない方は声帯のトレーニングに集中すれば良いです。

人それぞれ本当にボイストレーニングは違ってきます。
自分に合ったトレーニングを行ってください。

※注意点としては、
今回ご紹介したテストはあくまでテストです。
これだけで正しくミドルボイスが習得できる物ではありません。
ここまではあなたの声のタイプと弱点を見つける段階になります。

具体的なトレーニング方法


今まで解説したように、
人それぞれこれだけタイプがあって、
課題も違うので単純に「これだけやれば高音が出ます」というトレーニングは存在しません。

人それぞれの課題や弱点に応じた各種トレーニングの仕方は、僕の通信講座の方にまとめています。

無料の体験版の方でも色々とみれるので、最速での上達を狙いたい方はからチェックしてみてください。

無料体験版はこちら

ちなみにテストが両方クリアできた場合・・・

先程のテストが両方クリアできたなら、
あとは自分の声帯のタイプに合ったアーティストの楽曲を反復練習すればOKです。

続いて、
各タイプ別の代表的な課題曲をご紹介しますね。

  • Long-Fatタイプの方の場合は、僕のひまわりの約束を解説した動画がオススメです。
  • Short-Fatタイプの方はB’zのultra soulの解説動画などが分かりやすいでしょう。
  • Long-thinタイプの方は白日の解説動画は分かりやすいです。
  • Short-thinタイプの方はRusty nailを解説した動画がオススメです。

この辺を見て更に理解を深めてみて下さい。

どうしてもミドルボイスが出ない場合は…?汗


あなたがどうしてもミドルボイスが出せない!

・・・こういった場合、
基準が守れてない可能性が高いです。
この動画を最初から見直すか、通信講座の方に更に詳しいテストがありますのでそちらを見ていただければと思います。

まとめ

色々と語りましたが、ミドルボイスの習得には、呼吸の感覚、声帯の感覚、その両方のバランス感覚を身につけることが肝心です。

そして、それは誰かの感覚ではなく、自分自身の感覚を見つける必要があります。

何度も言うように、人それぞれ声帯のタイプは違うからです。
ぜひあなたらしいミドルボイスを身につけてもらえたら嬉しいです。

また今回の内容で分からなかったことが合ったり、もっと知りたいことがあれば是非通信講座の方も学んでみて下さい。
120本以上のボイトレ動画と毎月僕が直接あなたの声を見ていくフォローアップがついている科学的ボイストレーニングの決定版です。

無料の体験版もありますので、アッと驚くような歌声を手に入れたい方は今すぐチェックしてみて下さい。
詳しくはこちらからどうぞ!

 

今回の内容をまとめますと…

・まずはミドルボイスへの正しい認識を持ちましょう。
・そして、自分の声帯のタイプを知りましょう。
(この辺は難しいという方は通信講座のフォローアップで僕に声を聞かせてください。
バッチリ診断していきます。)
・そして、呼吸と声帯のテストを実践しましょう!
・その中で、あなたの弱点を見つけて、
弱点に合わせたトレーニングを実践しましょう!

これがミックスボイスを完全攻略する全手順です。

単に頑張るのではなく、
自分に合った方法を頑張ることが大切です!

そうすれば、あなたでもミドルボイスは習得できます。

ちなみに僕は、
高音が出しにくいLong-thinタイプです。
そして喉を壊した経験もあります。
それでもミドルボイスを習得でき、プロの現場で歌っています。

高音は才能ではなく技術ですので、是非とも諦めないでください。

ではでは!
Let’s Training!

ABOUT ME
岩谷翔
岩谷翔
サクセスボイス代表。
日本で唯一の基礎トレーニングと整体を組み合わせた発声の根本改善メソッドを持つ科学的発声研究者。

50名以上の歌唱指導を受けてきたにもかかわらず、声帯を壊し、『二度と歌えない』と言われた状態から科学的アプローチに出会い、奇跡的な回復を見せる。

その自身の経験から既存の発声理論を科学的な観点で再検証。サクセスボイスメソッドを体系化する。
その指導技術はシンガーのみならず、声優、俳優、アナウンサーやセミナートレーナー。医師に至るまで声を扱う様々な業界から高い評価を得ている。

「10分間でミックスボイスを習得させる」「3分で50名の発声改善を同時に行う」など、常識を超えた速度で思い通りの声まで導く指導技術は『魔法』と呼ばれている。