ボイストレーニング

発声練習は効果がない?本当に効果のある2大発声改善法

誰でも思い通りに歌うことができる!
サクセスボイスの岩谷翔です

ボイストレーニングというと
ほとんどの方が

「ドレミファソファミレド~♪」のように

音階に合わせて行う発声練習を
想像するでしょう。

しかし、この従来のやり方だけでは
あまり効果がないだけでなく
悪くすると声帯を痛めてしまう原因に
なってしまう場合があるのです。

そこで今回は、

あなたの声を守りながら
より歌を上達させていくための
本質的な発声改善のポイントについて
お話したいと思います。

今回の記事はシンガーに限らず
日常で声を使うすべての人にとって
大切な話でもあります。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

この記事で得られること

・あなたがボイストレーニングをやるべき理由がわかる

・本当に効果のある発声改善のポイントがわかる

・正しい努力のしかたがわかる

日本人の5人に1人は慢性的な声帯炎を持っている

歌を上手く歌う以前に
声にコンプレックスや実障害を持つ人は
想像以上に多いです。

そして、そのまま練習しています。

実際、現在日本人の5人に1人は
慢性的な声帯炎を持っているという
統計もあります。

しかし、ほとんどの方は
そのことに気付かず生活しています。

慢性的な状態に慣れてしまっているからです。

周りでこんな人を見たことはありませんか?

・接客で喋りっぱなし
飲食店や電器屋などの店員さん

・1~2時間以上喋り続けることがザラ
学校の先生やセミナー講師

・ずっと大声を出しっぱなし
保育士さんや幼稚園の先生

など

職業によっては
日常的に声が枯れていたり、
喉の痛みを自覚している方も多いです。

実際、友人で各地でセミナーもされている
耳鼻咽喉科の先生との話の中で
出てきた話題ですが

耳鼻科の医師だと名乗ると
ほとんどの方は「ちょっと見てほしい」
と言われるそうで

本人の研究もかねて
よくその場で見てあげるそうです。

するとそういう人はほぼ、
声帯に何かしらの障害が起きているそうです。

勿論それだけが
学術的な根拠にはなりませんが

実際僕もテレビをみていて
「この発声はまずいな」と感じる
タレントさんは非常に多いです。

最近だとテレビに出ている経営者の人は
特に声に問題を抱えている方は
多い気がします。

ボイストレーニングは発声トラブルの予防になる

発声の問題の一番やっかいなところ。

それはいきなり悪くなることがないことです。

徐々にゆっくり悪くなり、
いつの間にか「声が出にくい」
という状態になるのです。

いわゆる、ゆでガエルの状態です。

そういった意味では、
早い段階で『声を気にしている』という人は、
意識が高く、ある意味チャンスです。

致命的な状態を避けられるからです。

ボイストレーニングは、
一種の予防医学のような役割があるのでは
ないかと僕は捉えています。

慢性的な障害の状態を
少しのトレーニングで変えられ、
最終的には最高の状態が日常になるからです。

いい声の人がずっといい声なのはそのためです。

正しいボイストレーニングは
誰しも一度は学んだ方が良いと思います。

90%のトレーナーがすっ飛ばしている発声練習の「前」に行うべきこと

しかし、現状

日本のボイストレーニング業界で
行われていることをみると
なかなかオススメしづらい側面もあります。

あまり効果的ではないことを教えている
トレーナーもいるからです。

その最たるが

『いきなり発声練習をさせること』。

どのボイトレ本も音符が出てきて
「この音階でネイネイ言いましょう」
風なことが書かれています。

酷い教室だと、CDをかけて
「はいこの通りに発声練習しましょう」で
レッスンが終了する教室もあるそうです。

この「いきなり発声練習」の
何がいけないのか?

それは
大事なところをすっ飛ばしている
ということです。

僕のこのブログやYoutubeを
見てくれている方はご存じのとおり

発声は「筋肉の運動」です。

筋肉に課題を抱えた状態で
発声練習をするということは
現状の誤った筋肉の使い方で
練習をするということ。

これをおこなうことによる結果は
何も起こらないか、もしくは
マイナスの効果となります。

スポーツで例えると
わかりやすいと思いますが

例えば、野球なら
基礎トレーニングをすっ飛ばして
投球練習だけひたすら行うようなものです。

こんなことを続けたら
まず間違いなく肩、痛めますよね。

発声であれば、
本当の改善を図るためには
発声に関わる筋肉の使い方そのものを
変える必要があります。

しかし、多くのトレーナーは
「ドレミファソファミレド」
という発声練習を
初心者にいきなりやらせています。

本当の意味で
この5度音階をとれるようになるのは
プロでも難しいです。

少なくとも、声帯の使い方を知らずに
行うものではないのです。

残念ながらこういう指導を行う
ボイストレーナーを僕は良いとは言えません。

そういった意味でしっかり指導者を
選ぶ必要はあるでしょう。

筋肉は何らかの運動を行えば必ず発展します。
そのため、どう発展させるかが大切です。

正しい筋肉の使い方を続ければ、
それが身につきますし、
悪ければ悪癖になります。

そういう負のサイクルから抜け出すために
サクセスボイスにいらっしゃる方は
非常に多いです。

受講生の方にまず僕が行うこと。

それは声を出す以前に

咽頭に
『正しい発声のためのポジション』
覚えさせる

ということです。

発声に課題を抱える方は、
ほぼ例外なく

咽頭のポジションが物理的にズレていて
それにより必要な筋肉が使えなくなっています。

これを正しいポジションにした上で
上記のような発声練習を行うと、
正しい発声を行うための筋肉が成長します。

発声改善の道は2つ

さて、ここまではちょっと辛口な話でしたが

ここからはその解決法の話です。

これまでの話は
発声理論に知識のある方にとっては
常識的な話だったかもしれません。

ただやみくもに練習するのではなく
効果性を考えたトレーニングが
発声改善には必須です。

実際、僕もその知識を得るために
多くの時間とお金を費やしてきました。

ただある時期から『伸び悩み』を感じ始めました。

特に地声のキーについて
もう少し伸ばせそうなのに
出来ないという状態が
プロになってからもしばらく続きました。

そこでもう一度、自分のメソッド自体に
抜けがないかを再考しました。

すると、ボイストレーニングとは別の
ベクトルがあるということに気づきました。

 

発声の強化・改善を考える時には
2つのベクトルを持たなければいけません。

まずボイストレーニング。

つまり発声に関わる筋肉を鍛えて、
より高度な声のコントロールを培う方法です。

筋トレ的なアプローチです。

こちらは僕がボイストレーナーとして
教え始めた時から重視していて

これだけでも、従来の発声練習のみの
ボイストレーニングに比べれば、
格段に速く大きな効果を出すことができました。

 

しかし、これだけでは
改善しにくいケースがあり

そこには、もう一つ
大切なベクトルがあったのです。

それが「ボイスメンテナンス」という考え方です。

こちらは初めて聞く方も多いかもしれません。

筋肉は単純にトレーニングをすれば
強化できると思われがちですが
それは半分不正解です。

実は筋肉が凝り固まっている状態だと
同じトレーニングをしていても
効果を得にくいことが分かっています。

そこで必要なのがメンテナンス。

トレーニングで筋肉強化を行う前に
まず、動かせなくなっている筋肉を
手技でメンテナンスし
動かせるようにするのです。

実際、整体に行くと
身体が軽くなって動きやすくなることは、
マッサージ好きの方であれば
経験があるはずです。

発声にも同様の現象が起きています。

「トレーニングを続けても効果が出ない」
という方は

そもそも発声の筋肉が凝り固まって
動かない状態でトレーニングを続けている
ケースがほとんどです。

これを放っておくと
なかなか効果が出ないばかりか

筋肉の使い方が癖になって
ますます改善しにくい状態に
なってしまいます。

そのような方は焦らず
まずボイスメンテナンスから
行うことをおすすめします。

ボイスメンテナンスで重要な「ポジショニング」

近年、海外のトッププロの間では
ボイストレーナーよりも体の専門家を
雇うことが多いそうです。

しかし、ボイスメンテナンスを行える
人間は日本にそう多くはいません。

そのため、僕は日本を代表する
整体師の方や医師の方の協力の元に、
科学的ボイスメンテナンスの
メソッドを開発しました。

細かく語りだすと
今日の内容が難しくなってしまうので
少しだけ内容に触れましょう。

僕らの研究の中で分かったのが、
頸椎と咽頭とのポジショニング
重要性でした。

発声に問題があるほとんどの方は、
頸椎と咽頭の位置が近くなりすぎて、
それにより咽頭自体の可動域が
著しく落ちているのです。

この事実に気づいた僕は
自分の身体を実験に可動域の復活を試みました。

ただ、首回りのことなので
危ない橋も渡りました。

※注意※
見様見真似は絶対にやめてください。

正しい知識とレベルの高い手技がなくては
最悪、声が出なくなります。

※実際、YouTubeで披露している時も
安全のため、施術しているところだけは
モザイク処理をさせていただいています。

この点、僕は賢知のある友人に
恵まれたことが幸運でした。

現在ではメンテナンスの研究が進み、
第2頸椎と甲状軟骨の距離を手技にて
正しい位置に戻せば、

無駄な筋肉の緊張がほぐれ、
自然な筋肉の流れを無意識下で習得することが可能になりました。

よく高音発声に必要と言われる輪状甲状筋
癒着により動かなくなっているケースが多く
咽頭のポジションを変えると
自然な動きになることも確認しました。

最近では有名なセミナー講師の方に
飲み過ぎた次の日に必ず呼ばれるように
なってきました。

声のかすれぐらいなら
すぐに改善してしまうので
便利なんだそうです。

このボイスメンテナンスはおそらく
これからの発声改善の主流に
なっていくことでしょう。

そもそも、人間は赤ん坊の頃は
誰しもが発声の天才です。

僕にも2歳と4歳の子供がいますが
小さな体でとてつもない声量を出します。

そういった意味では
パソコンやスマホにより
首に負担がかかることにより

僕らはその天賦の才を
徐々に失ってきたのかもしれません。

しかし、取り戻すことはできます。

取り戻した上でトレーニングを行えば
伸び悩むことなどはなくなるのです。

最も簡単なボイスメンテナンス法

で、具体的なボイスメンテナンス方法ですが

咽頭の可動域調整など難しい部分は
僕の個人セッションで行えますし

そのほかセルフでも
できるメンテナンス法は
通信講座(SVBC完全オンライン版)
いろいろご紹介しています。

が、

そういったことの前に
誰でも気軽にできるメンテナンスが
1つあります。

それは、シンプルに「休むこと」です。

日常生活の中で声帯は
一日中休むことなく動いています。

意識的に声帯休みを取るだけでも、
働きっぱなしとでは大違いです。

そういった意味では、
2,3日休みを取って
声帯を休ませるのもまた練習
になるわけです。

焦る気持ちはシンガーなら誰しもあります。

しかし、休みもまたトレーニングだと
考えてみるのもいいかもしれません。

 

では、休んだ後は・・・?

 

もちろんトレーニングです!!

あなたの発声の筋肉を
ベストな状態にメンテナンスした上で
トレーニングをがんばりましょう!

ABOUT ME
岩谷翔
岩谷翔
サクセスボイス代表。 日本で唯一の基礎トレーニングと整体を組み合わせた発声の根本改善メソッドを持つ科学的発声研究者。 50名以上の歌唱指導を受けてきたにもかかわらず、声帯を壊し、『二度と歌えない』と言われた状態から科学的アプローチに出会い、奇跡的な回復を見せる。 その自身の経験から既存の発声理論を科学的な観点で再検証。サクセスボイスメソッドを体系化する。 その指導技術はシンガーのみならず、声優、俳優、アナウンサーやセミナートレーナー。医師に至るまで声を扱う様々な業界から高い評価を得ている。 「10分間でミックスボイスを習得させる」「3分で50名の発声改善を同時に行う」など、常識を超えた速度で思い通りの声まで導く指導技術は『魔法』と呼ばれている。